M&A LINE コラム

M&A LINE COLUMN

M&A LINEコラム【第9回】
ランサーズがメンターサービスを展開するイリテクを子会社化。サービスの拡充へ

2020年10月9日、ランサーズはメンターサービスなどを提供するイリテクの買収を発表しました。
また、本件株式取得の対価の一部とするため、株式取得先に対する第三者割当を実施することも合わせて決定しています。
取得価格は218百万円で、第三者割当増資による新株発行価格は1株1,210円。
ランサーズはクラウドソーシングをメインとした事業展開をしています。
115万人以上の登録者がおり、業界最大手の一つ。
イリテクはITサービスを提供している企業で、代表的なサービスが「MENTA」というメンターサービスです。
約1,500人のメンターと約1.9万人の受講者が利用しています。
教える人と学びたい人をマッチングするプラットフォームで、主にプログラミングやライティング、デザインなどを中心とした学習があります。

今回の買収が成立した背景にはランサーズとMENTAの親和性の高さがあります。
ランサーズはクラウドソーシングサイトとして順調に成長を続けていました。
しかしながら、スキルが身につきにくいため、仕事を獲得できないというユーザーが数多くいるという課題がありました。
一方で、MENTAは身につけたスキルを実際に発揮できる場所がないという課題がありました。
また、ユーザーや契約者数を順調に成長させているものの、人数が足りないというのも課題でした。
イリテクは入江社長一人で運営している株式会社です。
さらなるサービスの拡充をするためにはMENTAにヒトという経営資源を投下しなければなりませんでした。
そこでスキルアップを提供するサービスが欲しいランサーズと、仕事と人的資源が欲しいイリテクの思惑が合致し、M&Aが成立することとなりました。

ランサーズはMENTAのサービスを活用し、フリーランスのスキルを高めるサービスを積極的に提供していく予定です。
今後のサービス拡充に期待が持てるでしょう。

お問い合わせ