EXECUTIVE MESSAGE

執行役員/ディレクター

小野塚 勇

コンサルタントではない。
スポンサーになった
企業の経営者として、
再生に導くためのすべてを担う。

KSGに入る前は企業再生コンサルティングファームに10年ほどいました。その経験を活かして、KSGのM&Aの中でも再生フェーズの案件を主に担当しています。スポンサーになった企業の財務を中心に見ながら、いかに企業価値を高めてくかを考えていく。基本的には業績不振の会社ですから、資金面や組織面において苦しい局面でまかされることになります。こう言うと大変な仕事に聞こえますが、ポイントを押さえれば、しっかり再生に導くことができます。たとえば中堅企業は従来のオーナーの能力の範疇で経営していることが多い。そこに客観的視点を入れていくんです。「普通はこうだよね」と。オーナーの独自の視点に対してスタンダードを注入する。あたりまえのことをあたりまえにやろう、とも言えます。そうやって軌道修正しながら、企業のポテンシャルを引き出していきます。

一般的にコンサルティングファームでは、多くの案件を同時進行するのが通常だと思います。実際、私もそうでした。KSGでは真逆です。ハンズオン型ですから、1社あるいは2社の中に入って経営していく。コンサルタントではなく、経営者になるんです。私の場合はコンサルタントとして培ってきた知見を活かして経営に参画するようにしていますが、重要なのは経営者としての当事者意識のほうです。経営者がそうであるように、企業を我が事のように思って取り組めるかどうかですね。そのぶんプレッシャーはあります。ただ、私は「考える」ことが好きなんです。サラリーマンやコンサルタントは、部分では考えますが、全方位では考えませんよね。経営者はすべてを考えなければいけない。そこに面白さを感じます。KSGはこれからもアグレッシブに再生案件を求めていく。これからも多くの経営者体験ができると考えると楽しみですね。